« 2013年08月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月 アーカイブ

2013年10月01日

梅花通信116号

20130818.jpg
 ♪梅花出張所8月月次祭に参拝された皆さん♪

みなさん、こんにちは。台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
きのうは、にぎやかに今月の月次祭をつとめさせていただきました。
では、きのう発行しました、「梅花通信116号」をご覧ください!

梅花出張所通信116号立教176年(2013年)9月29日発行

❍ 日誌
8月18日 梅花出張所月次祭
 佐藤圭司、黃美蘭、廖彩蓮、李佳玟、小高裕次、小高由美子、岡田庄治。(参拝者計7名)

❍ 我曰
 8月26日、奈良県天理市にある、教会本部の月次祭に参拝しました。毎月26日にかぐらづとめと十二下りのておどりがつとめられますが、一年ぶりだったこともあり、非常に心が勇みました。この世と人間の創造を表し、今現在もこの全ての世界と全ての生物に一時の休みもなく下される守護を表すおつとめを拝し、世界たすけの根源をあらためて思いました。

8月26日我在奈良縣天理市的教會本部月次祭參拜。每個月26日在這裡行使神樂聖舞與十二段的手舞。因為我隔了一年難得參拜,我心裡非常踴躍。這聖舞是表現創造此世界與人類,也表達現在也給全世界與全部的生物毫無一瞬間的休息繼續祐護的。我拜了此聖舞,重新感受到世界拯救之真正根源。

❍ 天理教教祖傳逸話篇
一九六 子供の成人
 教祖の仰せに、
 「分からん子供が分からんのやない。親の教が届かんのや。親の教が、隅々まで届いたなら、子供の成人が分かるであろ。」
と、繰り返し繰り返し、聞かして下された。お蔭によって、分からん人も分かり、救からん人も救かり、難儀する人も難儀せぬようの道を、おつけ下されたのである。
一九八 どんな花でもな
 ある時、清水与之助、梅谷四郎兵衛、平野トラの三名が、教祖の御前に集まって、各自の講社が思うようにいかぬことを語り合うていると、教祖は、
 「どんな花でもな、咲く年もあれば、咲かぬ年もあるで。一年咲かんでも、又、年が変われば咲くで。」
と、お聞かせ下されて、お慰め下された、という。

一九六 子女的心靈成長
教祖一再重複地教導說:
[並不是年幼無知的子女不懂事,而是做父母的沒有好好教導啊!父母如能徹底教導,子女的心靈成長自然會顯現出來。]
由於教祖的一番慈心而開闢了這條道路,因此不明白的人才得以明白,未能獲救的人也能獲救,受苦的人也可免於受苦。
一九八 無論什麼花
據說有一次,清水與之助、梅谷四郎兵衛和平野寅三個人,聚在教祖面前,談論各自的講社不如意的情形。於是教祖安慰說:
[無論什麼花,總有開與不開的時候,雖然一年不開,但新的年一到,自然會開啊!]

2013年10月30日

梅花通信117号

20130929.JPG

♪梅花出張所9月月次祭に参拝された皆さん♪

こんにちは!台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
高雄にも秋がやってきました。
朝晩は涼しく22、3度ぐらいまで下がったりしてます。
昼間は暑く、今日もたぶん30度あったと思いますが。

では、梅花通信117号をご覧ください!!

梅花出張所通信117号立教176年(2013年)10月27日発行

❍ 日誌
9月29日 梅花出張所月次祭
 佐藤圭司、佐藤むつ美、黃美蘭、小高裕次、小高由美子、長田万里、岡田庄治、Annyi、Jeremy、Sun Ying。(参拝者計10名)

❍ 我曰
 嘉南平原に住む人々の生活を豊かにした烏山頭ダム。これを作った八田與一は今なお台湾人に敬愛されています。前々から烏山頭ダムを見に行きたいと思っていましたが、今月黄さんに誘われ行ってきました。10年に渡る困難な工程を経て完成させたダムと、それを見つめる八田與一の銅像を見ながら、「人のために働く」とは正にこういうことだなと実感しました。

烏山頭水庫使嘉南平原住民的生活變的非常充裕。建該水庫的八田與一現在還被臺灣人敬愛。我一直都有念頭想去烏山頭,幸好受黃桑的邀約這個月終於實現了。到了烏山頭,親自看到經過非常困難之工程而完成的水庫和遙遠看水庫的八田與一銅像,感覺到 [為人工作就是這樣],我很深深感動。

❍ 天理教教祖傳逸話篇
一九七 子供の成人
 教祖が、いつもお聞かせ下されたお話に、
 「世界中、互いに扶け合いするなら、末の案じも危なきもない。仕事は何んぼでもあるけれども、その仕事をする手がない家もあれば、仕事をする手は何んぼでもあるが、する仕事がない家もある。
 奉公すれば、これは親方のものと思わず、蔭日向なく自分の事と思うてするのやで。秋にでも、今日はうっとしいと思うたら、自分のものやと思うて、莚でも何んでも始末せにゃならん。
 蔭日向なく働き、人を助けて置くから、秋が来たら襦袢を拵えてやろう、何々してやろう、というようになってくる。こうなってくると、双方たすかる。同じ働きをしても、蔭日向なく自分の事と思うて働くから、あの人は如才ない人であるから、あの人を傭うというようになってくる。こうなってくると、何んぼでも仕事がある。(中略)
 働くというのは、はたはたの者を楽にするから、はたらく(側楽)と言うのや。」
と、お聞かせ下された。

一九七 人手
教祖時常講的話裡有:
[世界上的人,如能互相幫助,將來就沒有什麼擔心或危險的事。有的人家,工作多得很,卻缺少人手;而有的人家,雖有人手,但缺少工作。
被人雇用時,千萬不可計較那是師傅的工作,無論在人前人後,都要當做是自己的工作來做才行。到了秋天,只要看到今天天氣似乎很陰暗,就要把蓆子以及其他的東西,當做自己的東西搬,該收拾的都收拾妥當。
只要平常在人前人後都能同樣勤快的工作,有肯幫助人,到了秋天,或許主人會為你增添襯衣,或給這給那的。這樣的話,雙方都有好處。雖然大家都一樣的做事,但只要你在人前人後,都當做自己的工作而不計較,人家自然會想到你這個人做事既認真又週到雇用你。如此一來,就會有很多工作可做。(中略)
工作的意義,是減輕旁人的負擔。]

メニュー

ばんなぐろ
トップページ

近ごろの会長さん

謝謝台湾

@KENYA

@北極 -web-

About 2013年10月

2013年10月にブログ「謝謝台湾」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年08月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。