« 梅花通信170号 | メイン

梅花通信171号

20180318.JPG

♪ 天理教梅花出張所 3月月次祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
数年前に買ったブーゲンビリアが今年は綺麗に咲いています。
年によってあまり咲かなかったりするのですが、
咲いてくれた時は、赤色、薄紫、ピンクの花びらが鮮やかで、
目を楽しませてくれます。
そんな花の季節、きょうは4月の月次祭をつとめました。
梅花通信を発行しましたので、どうぞご覧になってください!

梅花出張所通信171号
立教181年(2018年)4月29日発行

❍ 日誌
3月18日 梅花出張所月次祭
 佐藤圭司、佐藤むつ美、小村岳児、数延順仁、蕭蕙琳。(参拝者計5名)

❍ 我曰
 この春、三人の子供が社会人となりました。ぜひ自分の夢、やりたいことにチャレンジしてもらいたいです。少々失敗してもいいでしょう。失敗を恐れず果敢にチャレンジすることは尊いことです。期待しています。私自身もまだまだこれから挑戦してゆきます。誰かの役に立てること、喜んでもらえることに挑戦してゆきます。

今年春季,三個小孩都踏入社會了。我希望他們追求夢想,挑戰自己想做的事。失敗幾次都無所謂。不要怕失敗勇于挑戰是一件寶貴之事。我很期待。同時我也要挑戰下去。為了能幫上別人的忙,能帶給別人歡喜,我繼續不斷的挑戰。

❍ 教えを学ぼう!‐學習教理!
親孝行について知ります……の巻
 山へ行くと大きな木があり、その木には青々とした葉が繁り、大きな実がなります。また木の周りには、たくさんのきれいな花が咲いています。この木は一体どうやって大きくなり実や花を付けているのでしょうか。それは、表面には出ていない土の中で水分や養分を摂っている根があるからなのです。
 木が大きくなればなるほど、土の中では根も大きく張っています。根の働きがなければ木は育ちません。木や花の命は根にあると言っても良いでしょう。
 人間の親子も、これと同じです。
 子どもはちょうど、枝先の花や実で、お父さんやお母さん、そしておじいさんやおばあさんが根に当たります。美しい花や実である私たちが暮らせるのも、親のお蔭というわけです。
 だから、根である親を大切にすることが一番肝心で、その気持ちを親神様も喜んでくださいます。少しでも親孝行をして、親に喜んでもらえる毎日を送りましょう。(内容一部改変)

你該知道的‧‧‧孝順父母 篇
去爬山的時候,會看到很多大樹。綠意盎然的大樹,枝葉茂盛,結實累累,而且樹的旁邊還有許多美麗的花朵開著。這些漂亮的花和果實是怎樣生長出來的呢?那是因為地底下有著吸收水分、養分的根呀!
樹長得越高,泥土裡的根也就越粗壯。如果沒有吸收水分、養分,樹也就沒有辦法生長。因為有根,花木才有了生命。
我們人也是一樣的呀!孩子就像樹上的花與果實,爸爸和媽媽、爺爺和奶奶就像是根。我們這些漂亮的花與果實,能夠健康地過日子,都是因為有父母的緣故,這一點千萬不能忘記!
因此,一定要好好敬重如樹根般的爸爸、媽媽。如果可以做到這一點,父母神會非常高興。我們應該多孝順父母,每天讓父母神高興才是。(改變內容一部分)

メニュー

ばんなぐろ
トップページ

近ごろの会長さん

謝謝台湾

@KENYA

@北極 -web-

About

2018年04月29日 23:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅花通信170号」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。