2021年07月04日

6月月次祭

20210627.JPG

5月月次祭

20210530.JPG

ひのきしんデー3

2021%E3%81%B2%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%93%E3%83%87%E3%83%BC4.jpg

ひのきしんデー2

2021%E3%81%B2%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%93%E3%83%87%E3%83%BC2.jpg

ひのきしんデー1

2021%E3%81%B2%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%93%E3%83%87%E3%83%BC3.jpg


4月月次祭

20210425.JPG

2021年04月30日

梅花通信207号

20210328.JPG
♪ 天理教梅花出張所3月月次祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
今年になって、はや三分の一が過ぎますね。
今年の高雄は、例年と違って、涼しい日が続いています。
いつもなら、旧正月が終われば、夏日の日も増えてきて、
清明節が過ぎれば、もう真夏となるところですが、
今年は30度に届かない日が続いているんです。変ですね。
雨も少なく、各地は水不足ですし。
親神様の懐住まいをさせていただいている私達ですが、
もっと慎み深く生活を送ることを望まれているように感じます。
シンプルライフでいきましょうか。
さて、梅花出張所では4/25に月次祭を執り行い、梅花通信207号を発行しました。
皆さん、どうぞご覧になってください!!

梅花出張所通信207号
立教184年(2021年)4月25日発行

❍ 日誌
3月28日 梅花出張所月次祭 参拝者10名

❍ 我曰
 2008年3月、筑波大学名誉教授の村上和雄先生が初めて台湾に招かれ、講演を行い、講演の最後にこう話されました。「約50年間、生命科学の分野に身を置いてきた私が感じてきた親神様のご守護についてお伝えしたいと思いました。 科学者の立場から、神様のお働きと向き合って感じた生命の貴さを説明させていただきました。」…今月出直された村上先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

筑波大學村上和雄名譽教授於2008年3月首次受邀來台演講。演講的最後村上教授如此說道:「沉浸生命科學領域大約五十年,我想傳達自己在這個領域所感受到的父母神功能。以科學家的立場,坦然面對神的功能,並解說生命的可貴。」…為本月轉生的村上老師,我衷心祈禱安息。

❍ ちょっと考えてみよう!親神様のお話‐父母神的祐護
音の不思議
私達の身の周りには、様々な音があります。例えば、車や電車の走る音、足音、ガラスコップ同士をぶつけた音、話し声、バイオリンやピアノなどの楽器の音。
これらの音は、どのように伝わって耳に届くのでしょう。それは音が空気の振動となって耳に伝わるのです。例えば、パンッと手を叩くと、その振動が空気を震わせて音の波(音波)となって広がっていき、耳の中の鼓膜に届きます。
そうして空気を伝わってきた音が、鼓膜の奥にある小さな器官や神経を通って脳に伝わり、私達は音や声として感じることができるのです。だから空気のない宇宙では、音は聞こえないのです。
ところで耳はなぜ二つあるのでしょうか?それは音が発生した方向を知るためなのです。正面から聞こえる音は左耳、右耳とも同じように聞こえますが、右側から聞こえてきた場合、右耳の方が早く聞こえます。そうして音の発生した方向を判断できるようになっているのです。
小さな耳の穴の奥で、そのような複雑な働きが、一瞬のうちに行われているのです。それは、まさに高性能の機械以上に精密です。本当に、知れば知るほど不思議で驚くことばかりですね。それをすべて親神様がおつくりくださったことを思うと、あらためて親神様のお力の大きさを実感します。
何気なく聞いている音も空気があるおかげですし、耳がちゃんと使えるからこそ、きれいに聞きとることができます。
親神様は、私達が喜ぶ姿をご覧になるのが大好きです。そんな素晴らしい耳をおつくりくださったのも、私達に陽気ぐらしをさせてやりたいとの思いなのですから、耳に入ってくることは何でも喜んで聞いて、陽気な心をつくっていきましょう!
(内容一部改変)

不可思議的聲音
我們的四周,充滿著各式各樣的聲音,例如汽車和火車的聲音、人的腳步聲、玻璃杯互相碰撞的聲音、說話的聲音、小提琴和鋼琴等的樂器聲。
這些聲音是如何傳到我們的耳朵呢?其實是藉由空氣的振動傳到耳朵的。例如拍手,這動作震動空氣,產生聲波向外擴大,而傳遞到耳朵的鼓膜。
經由空氣傳來的聲音,通過鼓膜內的一個很小的器官、神經,再傳到大腦,讓我們感受到聲音、音波。因此在沒有空氣的宇宙,根本無法聽到聲音。
大家知道嗎?耳朵為什麼有兩隻呢?其實是為了辨明聲音發生的方向。正面來的聲音,我們的左、右耳可以同時聽到,不過若是從右邊傳過來的話,右耳就會較早聽到,所以雙耳是為了分辨聲音的來源。
這麼複雜的機能,竟能瞬間在小小的耳朵深處進行,其性能簡直比高性能機器還要精密。
對此了解越深,越會感到驚訝與不可思議。只要想到這一切全是父母神所創造,更會重新切身的體認到父母神能的偉大。
因為有聲音和空氣,再加上耳朵的運用,我們才能聽到美妙的音樂。
父母神最喜歡看到我們快樂的樣子,會為我們製造這麼神奇的雙耳,也是為了讓我們過康樂生活而來。因此,不管耳朵聽到什麼,我們都要高高興興地聽,努力營造康樂生活的心境! (改變內容一部分)

2021年03月31日

梅花通信206号

20210228.JPG

♪ 梅花出張所2月月次祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
先月は、台北から金英さん、台南から孫さんも来てくれ、
また、初めて参拝に来てくれた人も3人いたりで、
賑やかなお祭りでした。
牡丹餅もおいしくでき、皆さんに喜んでもらえて、よかったです。
さて、
3月は28日に月次祭をつとめました。
梅花通信を発行しましたので、皆様にお届けします。
どうぞご覧になってください!!

梅花出張所通信206号
立教184年(2021年)3月28日発行

❍ 日誌
2月28日 梅花出張所月次祭  参拝者計10名

❍ 我曰
 今学期は、毎週授業で「SDGs」について話しています。聞いたことがない学生もいたので、「Sustainable Development Goals」のことで、「持続可能な開発目標」と訳されますよと話し始めました。掲げる17の目標は、どれも私達の生活にはとても大事なもので、教祖から教えていただいた言葉が心に浮かび、身に沁みてきます。
たんたんとなに事にてもこのよふわ 神のからだやしやんしてみよ (筆三40.135)
せかいぢういちれつわみなきよたいや たにんとゆうわさらにないぞや (筆十三43)

這個學期,我在每週的課堂上有講到「SDGs」。因為有同學從來沒聽過的,我就首先說明那是英文的「Sustainable Development Goals」,用華語翻成「永續發展目標」。包涵的17項目標全都對我們的生活非常重要,而使我想到教祖教導我們的話語,這些話語深深刻印在我們心裡。
整個宇宙皆身軀 細思則可漸暸悟 (御筆先 第三號 40.135)
世界人類皆弟兄 不分彼此與他人 (御筆先 第十三號 34)

❍ ちょっと考えてみよう!親神様のお話‐父母神的祐護
美しい雪が大地を潤す
冬のある朝、窓を開けたら、周りの家の屋根も道路も、遠くに見える山々にも、雪が積もっていました。
真っ白になった景色を「銀世界」と呼びます。
それは、雪の結晶が太陽の光でキラキラと輝いて、銀色に見えるからです。
ところで、みなさんは雪の結晶を見たことはありますか?
ひらひらと地面や体に落ちてきた雪に顔を近づけ、じっと見てみると、雪の結晶を見つけられる時があります。
結晶は、主に左右が対称になった六角形で、凍った水蒸気が六つの角から枝のように伸びて、まるでガラス細工のように美しい形をしています。
みんなで雪の結晶を探して観察するのも楽しいかもしれません。
山に積もった雪は、春から夏になって暖かくなってくると少しずつ溶け始めます。やがて、それが「雪解け水」となり、大地を潤し、草木を育てるのです。また、私たちが生活するための水として使われます。
山を覆っている雪が、私達の飲み水になっているなんて不思議ですね 。
銀世界や結晶の美しさだけでなく、私達の暮らしに大切な役割を果たしている雪。
そんな雪の中にも、親神様の「水のご守護」が、ぎっしり詰まっているのです。(内容一部改変)

美麗的白雪滋潤大地
有一年冬天的早上,一打開窗戶,發現四周房屋的屋頂、道路,以及遠山都積滿了雪。
白色的雪景,常被稱為「銀色世界」,這是因為雪的結晶在陽光的照射下,發出晶亮的光輝,彷彿銀白色世界一樣。大家可曾見過雪的結晶呢?紛飛的白雪落到地面或身上時,仔細一看,有時會看得到喔!
雪的結晶,呈現左右對稱的六角形,就像水蒸氣冰凍後,延伸出六個尖角般,美得像似雕琢過的玻璃藝術品。
大家不妨一起找出雪的結晶,仔細觀察,說不定會很有趣喔!
山上的積雪,從春天起到夏天,隨著氣候的暖和,開始慢慢融化,最後變成「雪水」,滋潤大地,滋養草木 ,還能成為我們日常生活的用水。
山上的積雪竟可成為我們的飲用水,真是神奇呀!
雪不只呈現銀白世界、結晶的美,更在我們日常生活中,扮演著重要的角色。這樣的雪景中,也充滿了著父母神「水」的祐護。 (改變內容一部分)

2021年03月01日

梅花通信205号

20210131.JPG

♪ 春季大祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
228和平記念日三連休中です。
昨日の月次祭には、先月同様、台北からかなえさんが参拝に来てくれました。
賑やかにつとめることができて、嬉しいお祭りでした。
では、昨日発行しました「梅花通信205号」をお届けします。
どうぞご覧ください!

梅花出張所通信205号
立教184年(2021年)2月28日発行

❍ 日誌
1月31日 梅花出張所春季大祭 参拝者計9名

❍ 我曰
 旧正月休みの期間、近場のあちこちへ散歩に出かけました。行楽地や公園などでは家族連れの姿が目立ちました。家族が仲良く憩う光景を見ると、台湾の人々が持つ家族への強い愛情があらためて感じられました。これは本当に素晴らしいことで、日本人が見習うべきところでもあると思います。私達が目指す陽気ぐらし世界にも欠かせないことだと思いました。

春節假期,出去附近走一走。在遊覽地或公園裡還是看到很多帶家人的。這次看到很多人和自己的家人在一起很快活的場景,我重新感到台灣人所擁有的濃厚‘家族愛’。這可真是很棒的一件事,我想現在日本人應該要學習的。而且為了實現我們生活的目標「康樂生活世界」也不可或缺的。

❍ ちょっと考えてみよう!親神様のお話‐父母神的祐護
お風呂で体も心もリフレッシュ
冬の寒い日、冷えきった体を温めるには、何といってもお風呂が一番です。体は温まり、気持ちもリラックスするし、汗をかいた体をきれいに洗い流せば、とてもサッパリします。
お風呂には湯加減が大事ですね。熱すぎて火傷しても困るし、 ぬるすぎて風邪を引いても大変です 。いい湯加減にするには、温める火と、水の量を調節しますね。お湯が出る蛇口をひねってお風呂を入れるお家もあると思いますが、それだって、湯沸かし器の中で火と水の調節が行われているのです。
そのようにしながら、ちょうど良い湯加減になったお風呂に、ザブーンと入ると、親神様のお働きがよく分かります。
お湯を沸かすには水が必要です。その水を温めるには火が必要です。その水と火は親神様のお働きです。水と火のご守護が、バランスよく調和されたお湯の中で、私達は疲れた体をリフレッシュさせることができるのです。
また、ちょうどいい湯加減のお風呂は、私たちの健康にも役立っているのです。血液の流れをスムーズにしてくれたり、一日中動かして疲れた筋肉をほぐしてくれます。それに気分もサッパリするので、精神的にもリラックスできます。
私たちは、親神様のご守護に包まれて暮らしています。毎日、当たり前のように入るお風呂も、親神様のお働きがあるからこそです。
でも、 うっかりして、ついシャワーを出しっぱなしにしたり、お湯を無駄にしたりしていませんか?
身の回りのすべてのことは、親神様のお働きのおかげです。逆に言えば、親神様のお働きがなければ、私たちは何もできなくなってしまいます。
お風呂に入ったときも、親神様に感謝して、お湯を大事に使う心を忘れないようにしましょう。(内容一部改変)

泡個澡,身心舒暢
寒冬裡,想讓冰冷的身體感到溫暖的話,泡澡絕對是最佳選擇。浸泡在熱水中,不只全身熱呼呼, 心情也整個鬆懈下來。將汗水淋漓的一身沖洗一番後,整個人通體舒暢。
泡澡最重要的就是水溫,溫度不行高到讓人灼傷,也不能太低,以免感冒。水溫要控制得好,必需靠溫度和水量的調節。有些人是在家裡的浴缸泡澡,即使如此,也是靠熱水器調節好溫度和水量。
就像這樣,只要身體進入水溫適中的浴池中,就可以切身地感受到父母神的祐護。燒開水時,不可缺少水;水加熱時,需要火的幫忙;水與火都是父母神的祐護。因為水和火的祐護,我們疲累的身體才能在水溫適中的浴池中得到紓解。
此外,適溫下的泡澡,不但可以讓我們體內的血液循環順暢,也能讓一整天活動下來的緊繃肌肉鬆弛,而且神清氣爽,精神百倍。
我們每個人都是在父母神的守護下生活。每天能夠順理成章地入浴,這都是父母神的功勞。
不過,洗澡時,大家是否曾不在意地任由水流,浪費熱水呢?
我們身旁周遭所有的事物,都是父母神的恩賜;反過來說,如果沒有父母神的守護,我們什麼都做不來。
因此,我們泡澡時,除了不要忘了感謝父母神外,還要記得珍惜水資源喔!(改變內容一部分)

2021年02月01日

梅花通信204号

20201227.JPG

♪ 天理教梅花出張所12月月次祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
昨日1月31日に、当出張所の春季大祭をつとめました。
賑やかにつとめることができ、結構なお祭りでした。
同日発行の「梅花通信204号」をお届けします。
どうぞご覧ください!

梅花出張所通信204号
立教184年(2021年)1月31日発行

❍ 日誌
12月27日 梅花出張所月次祭 参拝者6名

❍ 我曰
 毎週一回の野球の練習がすごく楽しみです。しかし今回は体がまだ快復していないため休みました。やりたい野球ができないのはとても残念ですが、普段何気なく運動することができることに改めて感謝する機会となりました。毎朝普通に目が覚めて、目、耳、鼻、口が使える、手足も自由に動くことは、実は当たり前のことのようで当たり前ではないのです。親神様がこんなに結構な身体をお貸しくださっていることは本当に有難いことですね。

每週一次的棒球練習是我的樂趣。可是這回因為我的身體還沒恢復,就請假一次。無法打喜歡的棒球,這很可惜,不過今天是個好機會重新感謝平常能夠隨意運動。每天早上能夠醒來,眼睛、耳朵、鼻子和嘴巴都能正常使用,雙手雙腳都能自由地活動,這雖好像是理所當然的事,但其實並不是理所當然的。這多虧父母神借給我們這麼棒的身體之故,真是感激不盡。

❍ ちょっと考えてみよう!親神様のお話‐父母神的祐護
秋を彩る紅葉の中にも
紅葉は日本の秋を代表する風景の一つです。秋が深まるにつれて、赤や黄色に色づいた木々の葉をみんなも見たことがありますよね。
でも、なぜ葉の色が変わるのでしょう?
秋の終わりになって冬が近づいてくると、木はもうすぐやってくる寒さと乾燥から身を守るために、葉を落とす準備を始めます。その準備が始まると、葉の中では、赤や黄色の色素がつくられるために、葉の色が少しずつ変わってきれいな紅葉になるのです。
赤や黄色の紅葉は、山の景色をきれいに彩ってくれます。もしかしたら、私たちの目を楽しませてくれるように、「こんな色にしよう」と親神様が考えてくださったのかもしれませんね。
紅葉の季節が終わると、木の周りは落ち葉でいっぱいになります。落ち葉は、もう何の役にも立たないように思うかもしれませんが、落ち葉にも大切な役目があるのです。
落ち葉は、ミミズやカブトムシの幼虫などのエサになったり、カビやバクテリアがせっせと分解してくれます。分解された落ち葉は土の養分となり、再び植物が生長する時に栄養として吸収されて、春に新しい芽を出すエネルギーになるのです。
それに、雨が降れば、落ち葉の養分を吸った雨水が土の中にしみ込んで、それがやがて湧き水となり、川を流れて海へとたどり着きます。その落ち葉の養分は、海の中の生物の栄養にもなるのです 。
美しい紅葉の景色の中にも、火、水、風の素晴らしいお働きがあるのですね。(内容一部改変)

彩繪秋天的紅葉
紅葉是許多國家代表秋天的景色之一。到了深秋,很多樹上的葉子會變成紅色和黃色,這樣的景色你看過嗎?
大家可曾想過為什麼葉子會變色呢?
當秋天接近尾聲,漸漸進入冬季時,樹木必需為接下來的寒冬和乾燥做好自我防備,因此樹木便開始準備讓樹上的葉子掉落下來。這時的葉子裡已經準備好紅色和黃色的色素,於是葉子的顏色會漸漸改變,成為美麗的紅葉。
而這些紅、黃色的紅葉,也為青山坡上美麗的色彩。說不定這也是父母神為了讓我們賞心悅目,才將葉子染成這種顏色的呢?
紅葉的季節一結束,樹的周圍會滿的落葉。大家或許以為落葉沒有任何用處,其實這些落葉肩負著相當重要的任務。
因為落葉可以成為蚯蚓和甲蟲的幼蟲的飼料,並被黴菌或細菌分解。被分解的落葉,會成為土裡的養分,再度被成長中的植物所吸收,貯存春天萌發新芽所需要的營養。
而且,一旦下雨,那些吸收落葉養分的雨水,會滲進土裡,最後成為山泉水,順著河川流入大海。落葉中的養分也就變成大海裡生物的養分。
因此美麗紅葉的景色中,一樣也有著「火、水、風」神奇的恩賜。 (改變內容一部分)

メニュー

ばんなぐろ
トップページ

近ごろの会長さん

謝謝台湾

@KENYA

@北極 -web-

カテゴリー

アーカイブ