« 梅花通信91号 | メイン | 梅花通信93号 »

梅花通信92号

20110731.JPG

天理教梅花出張所7月月次祭に参拝された皆さんです

みなさん こんにちは。
台湾は高雄にあります天理教梅花出張所です。
今日は今年はじめて台風が上陸しました。
高雄を縦断し台湾海峡に抜けていきました。
雨はけっこう降りましたが、風はそれほど強くなかったですね。
今日は会社も学校も休みとなりましたが、明日はありますよ。
それにしても、昨日は雨の中、台風が近づく中ではありましたが、
6人の方が月次祭に参拝に来てくださいました。
今月ユキさんが初めてちゃんぽんをつとめてくれました。謝謝!
では、昨日発行しました「梅花通信92号」をどうぞ!!

梅花出張所通信92号立教174年(2011年)8月28日発行

❍ 日誌
7月31日 梅花出張所月次祭
 佐藤圭司、むつ美、日々喜、謝志昆、謝佩容、小高裕次、小高由美子、小高真美、高野忠。(参拝者計9名)

❍ 我曰
 日本では、節電の夏が過ぎようとしています。すると、もう冬の節電のための防寒商品などが話題となってきています。皆の意識がなるべく電気を使わないようにとの方向に向かっているのでしょう。これはとても良い傾向だと思います。私達は、まず電気が使えることに感謝する、そしてそれを慎んで使わせてもらう、とお教えいただいています。感謝と慎みの心から、喜びの心が生まれて、幸せな気持ちになってきますよ。

今年的夏天在日本很重視省電。快過了夏天,現在防寒商品已開始成了大家的話題。現在大家都有盡量要省電的意識了。我覺得這是一個好傾向。教導說:首先要感謝能使用電氣,而把它珍惜使用。從感謝與慎重之心產生喜悅之心,就能感覺到很幸福的心情哦。

❍ 天理教教祖傳逸話篇
一三七 言葉一つ
 教祖が、桝井伊三郎にお聞かせ下されたのに、
 「内で良くて外で悪い人もあり、内で悪く外で良い人もあるが、腹を立てる、気儘癇癪は悪い。言葉一つが肝心。吐く息引く息一つの加減で内々治まる。」
と。又、
 「伊三郎さん、あんたは、外ではなかなかやさしい人付き合い良い人であるが、我が家にかえって、女房の顔を見てガミガミ腹を立てて叱ることは、これは一番いかんことやで。それだけは、今後決してせんように。」
と、仰せになった。
 桝井は、女房が告口をしたのかしら、と思ったが、いやいや神様は見抜き見通しであらせられる、と思い返して、今後は一切腹を立てません、と心を定めた。すると、不思議にも、家へかえって女房に何を言われても、一寸も腹が立たぬようになった。

一三七 言詞很重要
教祖曾對升井伊三郎講:
[有些人在家裡一向溫和,對外人卻很兇惡;也有人在家裡很兇惡,對外人卻十分溫和。不管如何,生氣、任性、亂發脾氣都是不好的行為。因此言詞非常重要,家庭是否圓滿,全看你的談吐如何。]
接著又說:
[伊三郎,你對外人一向溫和,在外很有人緣;可是回到家,一看到太太就生氣,任意罵人,這實在是很要不得。希望你今後能改掉這個脾氣。]
聽了這話的升井不禁懷疑一定是妻子去訴苦,可是後來又想:[不會啊,因為神對任何事本來就一清二楚的啊!]於是他下定決心,從此不再亂發脾氣。說也奇怪,從此他回到家,不論妻子說什麼話,都不再生氣了。

メニュー

ばんなぐろ
トップページ

近ごろの会長さん

謝謝台湾

@KENYA

@北極 -web-

About

2011年08月29日 23:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅花通信91号」です。

次の投稿は「梅花通信93号」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。