« 梅花通信167号 | メイン | 梅花通信169号 »

梅花通信168号

20171224.JPG

♪ 梅花出張所12月月次祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
日本やその他の国では、とても寒い冬を過ごされているようです。
台湾も寒波が来て、寒くなっていますが、それも北部の話で、
北回帰線より南にある、ここ高雄は、それほど寒くはなっていません。
今日も太陽が照って、暖かな日中でした。
寒いところの皆さん、どうぞお体に気をつけて!!
今月28日に春季大祭を行い、梅花通信を発行しましたので、お届けします。
どうぞご覧ください!

梅花出張所通信168号
立教181年(2018年)1月28日発行

❍ 日誌
12月24日 梅花出張所月次祭
 佐藤圭司、佐藤むつ美、小村岳児、蔡依婷、黃美蘭、孫翌翔、金雅萍。(参拝者計7名)

❍ 我曰
 新年明けまして、おめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします!
 台湾、特に高雄は、冬になると空気が悪くなり、空が白く霞む日が多くなります。
近年、それが深刻になり、春節の爆竹や花火を自制するよう求めたりしています。この世は親神様のからだと教えていただきます。この地球環境を大切に使わせていただきたいものです。「たんたんとなに事にてもこのよふわ 神のからだやしやんしてみよ(おふでさき 三号40・135)」

新年快樂!萬事如意!
在臺灣,尤其是在高雄,到了冬天空氣品質不好,天空一片灰濛濛。近來狀況變嚴重,因此政府開始管制過年等時施放的爆竹煙火。天理教教導說「整個宇宙皆身軀」。我們應該珍惜使用我們的地球環境才對。「整個宇宙皆身軀 細思則可漸暸悟(御筆先 第三號40‧135)」

❍ 教えを学ぼう!‐學習教理!
ひのきしんについて知ります……の巻
 親神様はいつも私たちをお守りくだされています、そのことを忘れず感謝の心で取り組むことが「ひのきしん(日の寄進)」です。
 だから、どんなに大勢の人が集まって、駅や公園で一斉に掃除をしても、その心がなければ、それはひのきしんではないし、反対にたった一人でゴミを拾う、という小さな行いでも、親神様への感謝とたすけあいの気持ちがあれば、それは立派なひのきしんとなります。
 親神様はその感謝の心を受け取って、私たちを幸せに導いてくださいます。つまり、「ありがたい」という心で蒔いた種は、「ありがたい」と思えることとなって芽生えてくるということなのです。
 毎日元気に暮らせることを親神様に感謝して、「ありがたいなぁ、嬉しいなぁ」という心でひのきしんに励みましょう。(内容一部改変)

你該知道的‧‧‧聖勞 篇
父母神無時無刻都在祐護著人們。因此為了感謝父母神,我們用「聖勞(日之寄進)」來表達內心的感謝之意。
比如說,大家一起去打掃車站、公園,只是打掃的話,還不能算是聖勞。相對的,即使只是一個人撿拾垃圾,做再小的事情,只要對父母神心懷感激的話,都是很棒的聖勞。
父母神看到大家用感謝的心做聖勞,也會祐護我們,讓我們的生活美滿、幸福。因此,在心裡播下「感謝的種子」,常懷感恩之心,這樣一來生活之中便會充滿著喜悅。
我們該用感謝的心,每天高高興興地做聖勞。(改變內容一部分)

メニュー

ばんなぐろ
トップページ

近ごろの会長さん

謝謝台湾

@KENYA

@北極 -web-

About

2018年01月31日 17:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅花通信167号」です。

次の投稿は「梅花通信169号」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。