« 梅花通信181号 | メイン

梅花通信182号

20190224.JPG

♪ 梅花出張所2月月次祭に参拝された皆さん ♪

皆さん、こんにちは!
台湾は高雄にあります、天理教梅花出張所です。
3月も終わり、日本は新しい出発のシーズンですね。
桜もあちこちで満開となっているようです。
さて、台湾は、清明節の季節となっています。
皆さん、お墓掃除に行かれています。
そして清明節が過ぎると、
高雄はぐんぐん暑くなってきます。嬉しいですね!

本日は当出張所の月次祭。そして本日、梅花通信を発行しました。
どうぞ、皆さん、ご覧ください!

梅花出張所通信182号
立教182年(2019年)3月31日発行

❍ 日誌
2月24日 梅花出張所月次祭
 佐藤圭司、佐藤むつ美、小村岳児、黃啟元、孫翌翔。(参拝者計5名)

❍ 我曰
 昨日の授業で、「思いやり」について討論しました。ある学生が「今は自分のことばかり考えて、人のことを考えない人が多くなっていますが、できるだけ思いやりの心を持って人のことを考えられれば、良い社会になっていくと思う」と発言していました。素晴らしいと思いました。教祖が「みんな勇ましてこそ真の陽気」と教えてくださっています。思いやりの心、助け合いの心を持つことが、みんなの陽気ぐらしに繋がっていきます。
昨天上課時關於「體貼、關懷」討論。有一位學生發言說:現在有很多人自為中心,不願為他人著想的,可是每個人儘量擁有體貼心能著想別人的事,社會可能會變得很好。我覺得非常好。教祖教導我們說「使人皆能踴躍心歡,方是真正康樂」。我們的康樂生活就從我們擁有體貼的心、互助之心開始。

❍ 教えを学ぼう!‐學習教理!
「ひのきしん」ってお掃除をすることですか?
 「ひのきしん」は掃除をすることとは限りません。確かに「全教一斉ひのきしんデー」には、大勢の人達が公園などでゴミ拾いや草引きをすることが多いですが、掃除をすることだけがひのきしんというわけではありません。
 親神様の大きなご守護とお恵みによって生かされ、毎日を嬉しく楽しく暮らせることにお礼を申し上げて、その感謝の気持ちを行いに表すことをひのきしんと言うのです。だから、ひのきしんには色々な形があるわけです。
 親神様を信じる人々が感謝の心で「ひのきしんデー」に集まって、たっぷりと汗を流し、その日を励みにして、普段はたとえ一人でも、親神様のお礼の気持ちを行いに表せるように努力することが大切なのです。
 皆さんも元気に「全教一斉ひのきしんデー」に参加しましょう!(内容一部改変)
「聖勞(日之寄進)」就是打掃環境的意思嗎?
「聖勞」並不一定是打掃環境意思。確實「全教一齊聖勞日」的時候,大家一起到公園等戶外除草、撿垃圾,但是聖勞不只是指打掃而已。
我們每天在父母神的祐護下,才能快快樂樂地世界上生活,「聖勞」就是把心裡對父母神的感謝,用行動表現出來的行為。所以,聖勞的形式有很多種。
信仰父母神的人們,為了向父母神表達感謝之心,在「聖勞日」當天,大家聚在一起,努力地把環境打掃乾淨。當然,不只是聖勞日,平常做任何事情的時候也要心存感激,用感謝的心做好每一件事情。
希望大家都能一起快快樂樂地參加「全教一齊聖勞日」活動!(改變內容一部分)

メニュー

ばんなぐろ
トップページ

近ごろの会長さん

謝謝台湾

@KENYA

@北極 -web-

About

2019年03月31日 23:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅花通信181号」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。